読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

企画で行き詰まっている時は◯◯を見てみて!

ようこそZLABOへ!

どうもこんにちはズッキーです!

 

 

年明けから

TVで特番が

長い時間やっていますよね🎵

 

 

2、3日見ていると

あることに気がつきます😏

 

 

これ前にもやってたやつか💡

 

 

過去に放送した番組を特集して

1月中旬に放送する番組の宣伝に

繋げているのです✨

 

 

それは素晴らしい方法だと

僕は思います😆

 

 

だって年末年始は過去の番組を流しゆっくり休みつつ、

番宣ができるなんて超効率的だとは思いませんか?

 

 

過去の振り返りが手抜きとか

決してそういうことではありません💦

 

 

現に僕は今日のロンドンハーツを見て

やべー面白そうと思って見ちゃいましたからね😏

 

 

だって狩野英孝(以下、狩野さん)さんに

ドッキリする企画だったんですが、その期間がなんと

 

3ヶ月!

 

 

狩野さんが書いた脚本で、

映画製作のオファーをし、

狩野さんが監督、主演、主題歌を全てする。

 

 

もちろんスタッフや役者は全て本物です。

ドッキリとはいえみんな本気です。

 

 

そんなドッキリだけど本気で作った

映画がこちら!

www.tv-asahi.co.jp

 

 

それが全部ドッキリでした!

なんてめちゃくちゃじゃないですか?

 

 

僕だったら立ち直れないかもしれません。

 

 

改めてロンドンハーツの企画の

面白さを感じました💡

 

 

なぜこんなに面白いことができるのか?

田村淳さんの考え方について

堀江貴文著「あえて、レールから外れる。逆転の仕事論」

 

の中で語っていたので引用します。

いじると何が起きるかわからない、ワクワク感のある人が好きです。

先が読めないことをやるのは、すごい才能だと思うし、人を楽しませる大事な要素でもあると思います。

 

 

 

予想できないことが面白さに繋がると信じている。

それが根底にあるからこそ人と違ったことに

チャレンジしていけるのではないでしょうか。

 

ここまで本気で遊べるって

凄いなあと思いますね🎵

 

 

ドッキリだって分かってるのに

本気で映画を作ろうとしている

狩野さんの姿を見ていると、

ドッキリと忘れて途中見入っちゃいました💦

 

 

本当に嘘は誠になるかもと

思ってしまうような企画でした☺️

 

 

バラエティ系の企画で煮詰まってる方

一度ロンドンハーツを見てみたら

何か閃くかもしれませんよ😏✨

 

 

大の大人が本気で遊んでます笑

 

 

 

じゃあまた!

広告を非表示にする