「田尾」という苗字は以外と便利だった!?

f:id:zukkylabo:20160501075750j:plain

 

昔から僕は自分の苗字があまり好きではなかった。

なぜなら小学生の頃にこの苗字のせいでいじめられていたことがあったから。

まあこれは珍しい苗字の宿命なのかもしれません。

昨日、「田尾」という苗字が便利なのかもと気づいたんです。

 

珍しい苗字だからこそのメリット

先日同年代が集まった交流会に行ってきました。

ほとんど知らない人しかいなかったので当然自己紹介からしました。

その自己紹介の時に「田尾」という苗字であることのメリットに気付いたんです。

 

  • 必ず2度3度聞き返される
  • たった2文字の苗字
  • とある芸能人の出現

 

 

必ず2度3度聞き返される

僕が自己紹介の時に「田尾と言います。」と言うと相手は必ず

「え?」とまるで野々村元議員のように2度3度聞き返してきます。

僕はその度に「田尾です。」と言うのですがここで一つのメリット。

何がメリットかというと僕は何度も自分の名前を言えるということです。

相手も何度も一生懸命聞くので僕の名前を覚えてくれます。

 

たった2文字の苗字

2文字の苗字も珍しい。

だいたい3文字か4文字が多いですよね。

珍しい苗字+2文字と言うのは結構インパクトあるみたい。

 

とある芸能人の出現

土屋太鳳さんって知ってます?

このかたのお陰で「下の名前ですか?」と「かかっこいいですね!」っていうありがたいお言葉までいただけるようになりました。いやあ有名人の影響力ってすごいなあって実感しています。

 

 

まとめ

昔は「田尾」という名前だけでかなりいじられてきました。

それがとても嫌だったんですが今では結構メリットを発見できたのでこれからは重宝していこうと思います。もしこの記事を読んでくださってる方で自分の苗字で悩んでいる方は何かしらメリットがあると思うので探してみるのも嫌いから抜け出せる一歩になるかもです。

広告を非表示にする