余裕のない仕事をすると家に帰ってからの影響が半端ない

f:id:zukkylabo:20160512065146j:plain

出典:www.pexels.com

 

毎日仕事をしていて

今日は結構余裕を持って仕事できた日と

全然余裕がなくてあっという間に終わった日とでは

家に帰った時にできることがなかり変わってくる。

 

余裕のない仕事をして帰ってきた時

仕事が忙しすぎて自分が仕事で何をしたのか

薄っすらとしか覚えていない時がある。

 

そんな時は家に帰って食事を作って

ご飯食べ終わる段階ですでにウトウト状態。

そして体が強制終了を訴え、気づいたら朝なのだ。

 

 

家に帰ってからの時間は大切な時間

家に帰ってから何もできずに

次の日の朝を迎えるほど勿体ないことはない。

気づいたら朝になっていた時は寝た気分にはならないし

食器などの洗い物も放置されているわけだ。

 

家に帰ってから寝るまでの時間は

唯一の自由な時間と言って過言ではない。

僕はブログを書いたり、本を読んだりしている。

そんな貴重な時間を無駄にはしたくない。

 

強制終了しそうと思ったらすぐに寝て

朝早く起きてその時間を使うしかない。

 

 

まとめ

自分の時間は大切。

それをどういう風に使っていくかも大切。

その日の体調に合わせて時間のマネジメントをしていきたい。

そして万全な状態で仕事や遊ぶことに全力でいきたい。

広告を非表示にする