読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何があっても僕が情報発信をやめない理由

f:id:zukkylabo:20161024180433j:plain

出典:picjumbo.com

どうもこんにちは!田尾です!

 

今日はタイトルにもあるように何があっても僕が情報発信をやめない理由についてお話ししていきたいと思います。

 

ブログを通して僕は毎日情報発信(一応毎日ですよね?)をしています。

その理由をこれから話していきたいんですよね。

 

 

 

情報発信って何?

そもそも情報発信って何?ってことなんですけど、

読んで字のごとく「情報を発信する」っておこと。

 

もう少し砕いていうと、

情報=全てのこと(そのままの意味)

発信=他者に見えるようにする(僕でいうとブログ通じ文字化して投稿する)

「全てのことを目に目えるようにして伝える」こと。

 

 

ブログなんて別にいつやめてもよかった。だけど・・・

正直に言うと別に毎日書く必要なんてないんです。

毎日書くことで僕が誰かからお金がもらえるわけでもありませんし、

誰かに脅されて強制的に書かされているわけでもありません。

 

なんか毎日書いてたら書かなきゃいけなくなったんです!

ブログを書くことが習慣化されてしまったというか、

続けていれば将来きっと何かしら自分の役に立つだろうと思って書いてます。

 

それと何かを誰かに伝えたいと思ったら

ここが僕の居場所になっていたっていうのもありますね。

知らないうちに居心地が良くなっていたのかもしれません。

 

ありがたいことに読者はゼロではないようですので。

本当に感謝してます。

 

結局どういうこと?

最初は嫌々書いていたんですけど

やっていくうちに別に嫌じゃなくなった(ツンデレか!)

ということなんです。

 

 

それから

だんだんと僕の独り言みたいになってしまったんですが、

お陰でブログ内での独り言も上手くなりましたよ。

 

最初はこんなことブログで書くこと?って思ってましたが

今では御構いなしに言いたいことを包み隠さず喋り散らかしちゃってます。

 

 

それが僕らしさなのかもしれません。

ブログを続けれいて自分のスタイル(書き方)が見えてきたような気がします。

 

 

ブログって過去に遡れるから面白いですよね。

自己成長と恥ずかしさを感じることができるから。

僕もブログの面白さを感じれるようになったんだなぁ。

広告を非表示にする