億万長者に言わせればお金とは〇〇である。

f:id:zukkylabo:20160626211820j:plain

出典:Man Checking His Phone while Packing for a Trip Free Stock Photo Download | picjumbo

 

昨日に引き続きお金の話。

 

そもそもお金ってなんなの?

 

億万長者から言わせればお金とは実体のないもの。

お金の実体は人気や信用、影響力、エネルギー、勇気、運などである。

お金の本当の姿は「交換価値」であり札やコインは一時的な単なる商店街の引換券のようなもの。

お金の価値の源は自分自身の中にあり自身の行動があ現実世界に投影したもの。

よって大きな価値を生み出す人が億万長者らしい。

 

 

より多くの人の役に立つものを世の中に示せば

お金は生まれてくるということかあ。

 

まあ当たり前といえば当たり前なんだけど、

どうやって人の役に立てばいいか分からないし、

学校では教えてくれないですよね。

 

一般的にいえば就職すること。

会社からお金をもらうこと。

会社の役に立ってその報酬を頂く。

他の選択肢はあまり教わらない。

 

 

国語や数学ができても

お金を生み出す力やその方法については

高校までの過程ではほとんど学ばない。

 

起業したことがない先生が

教えられるはずもないといえばそれまでなんですが・・・。

 

 

そういった授業があったら受けたかったし

例えば実際に会社を疑似で作ってみるっていうのも

やってみたかった。

 

とか書いていた途中で高校時代に文化祭で

バザーをやったことを思い出しました。

焼き芋やジャガバターを販売してたなあ。

その時は仕入れ、調理、販売までほとんど自分たちでやって

売り上げはあまり気にしていなかったわ笑

 

もっと会社的な感じで会社を運営するみたいなことをやってみたかったなあ。

若いうちに錬金術マスターしてたらあとはどうにでもなるよね〜。

広告を非表示にする