天空の城ラピュタが何度見ても面白い3つの理由

ようこそZLABOへ!

どうもこんにちはズッキーです!

 

 

今日は金曜ロードショー

天空の城ラピュタ」が放送されました。

 

 

いつ何度見ても面白い作品です。

他の映画だったら見ないのに、

話の内容が分かっていてもついつい見ちゃう✨

 

でもなぜでしょうか?

なぜ飽きもせず何度も見てしまうのか?

ちょっとそこが気になったので

考えてみました♪

 

 

1.個性的なキャラクターたち

天空の城ラピュタといえばムスカ大佐

と言っても過言ではないと思います?

 

ムスカ大佐は数々の名言を残しています。

例えば・・・

見ろ!人がゴミのようだ!

「目が!目がぁぁぁ!」

「3分間待ってやる。」

それが聞きたくて見たいって気になりますよね。

 

 

もう一人忘れてはいけないのが

空中海賊のドーラー。

 

時に男らしく危険に飛び込み、

時には暖かい包容力で周りを包む懐の深さ、

僕の一番好きなキャラクターです✨

 

ドーラーの言葉は心に響くものが多いです❗️

例えば・・・

「静かすぎる… こういうときは動かない方がいい」

「偉そうな口をきくんじゃないよ。娘っこ一人守れない小僧っ子が!」

「甘ったれんじゃないよ。そういうことは、自分の力でやるもんだ。」

 

こういう人が上司だったらすごく心強いし頼りになるから

この人についていきたいって思います?

 

個性的なキャラクターたちが

この作品の面白さを引き立てているのは

間違いないです♪

 

 

 

2.謎が多い

天空の城ラピュタって謎な部分が多いです。

例えば・・・

ラピュタは誰がどうやって作ったのか?

ラピュタとパズーがいた街は関係するのか?

なぜラピュタに人がいなくなったのか?

 

見ているとどんどん疑問が出てきて

セリフを注意深く聴いてしまいます?

その一つとしてシータのこんなセリフがあります。

 

「土に根をおろし、風と共に生きよう。種と共に冬を越え、鳥と共に春を歌おう。どんなに恐ろしい武器を持っても、たくさんの可哀相なロボットを操っても、土から離れては生きられないのよ。」

 

意味深な言葉、そこでは一体何があったの?

 

 

3.手に汗握るドキドキ感

この作品の見どころは何と言っても「空中」です。

パズーが木の根や壁に捕まって落ちそうになるたびに

ヒヤヒヤして手から汗が吹き出ます?

 

フラップターという乗り物を操縦している

ドーラーが気を失った時も海に

墜落するかと思いヒヤヒヤしました(^_^;)

でも意識が戻ってから何事もなかったかのように

操縦に戻る肝っ玉の強さは超ド級です✨

 

空に落ちて死ぬかもしれない

というドキドキ感が常にあって

手に汗握るからこそ

飽きずにずっと見ていられる。

 

 

 

まとめると個性的なキャラクターと謎の多いストーリー、

そして手に汗がかけるドキドキのシーンが折り重なって

素晴らしいいつ見ても飽きずに何度も見てしまう作品に

なるんですね?もちろんそれだけではないですが、

僕も作品作りをする際にはラピュタの良さを

参考に制作していきたいと思います❗️

 

 

じゃあまた!

広告を非表示にする