銭形警部の名言がなぜ心に残るか考えてみた!

ようこそZLABOへ!

どうもこんにちは!

 

喉の調子が最高に悪すぎてハスキーボイスなズッキーです!

 

 

熱が下がり頭痛と寒気もなくなりあとは、喉の痛みのみ。

こいつは最初から最後までついてくる( *`ω´)

 

まるでルパン三世の銭形警部のように、超しつこい。

おかげで今は銭形警部のモノマネが出来るかも!?

 

「奴はとんでもないものを盗んでいきました。あなたの心です。」

ルパン三世 カリオストロの城より抜粋)

 

いつになってもこのセリフが忘れられないです。

なぜここまで心に残るのでしょうか?

 

銭形警部のセリフが心に残る理由

1、再放送で何度も見てる。

2、アニメの特集でこのシーンだけ取り上げられる。

3、銭形警部のセリフとしては何か臭すぎたから。

 

1、2はあるとして僕個人的には3が一番だと思います。

キャラクターに合っていないようなセリフで違和感を感じるんですよね。

下手したら親父ギャグです。ラストの別れのシーンで今までの流れがあるから

ギャグじゃなく聞こえるんですね。

 

制作側が意図的にこのセリフを伝えたいと狙っていた考えれば

すごく世間で評価されてるのが頷けます。

あえてキャラに合わないセリフだからこそ

心に残るし伝わるそんな思いを感じました。

 

 

今回はルパンをディスる回じゃないですよ❗️

決してそんなんじゃないですからね💦

 

僕もそんなセリフの魔術師みたいに

うまくコントロールしていきたいですね💡

 

 

とまあルパンのように華麗に

喉の痛みも取(盗)って欲しいものです。

 

 

じゃあまた!

広告を非表示にする