大学行って良かったこと、良くなかったこと

f:id:zukkylabo:20160907203627p:plain

出典:pixabay.com


これから大学へ行こうと悩んでるあなたへ少しでも参考になればと思いこの記事を書いています。



大学かぁ。

行かせてもらった両親に申し訳ないと思うけど、今思えば正直大学に行ってよかったなって思うこともあるし、行かなくてよかったって思うこともあります。なんでそう思ったのかをまとめてみました。

行ってよかったなって思ったこと

・そこで出会った人たちとの繋がりができたこと
・専門知識(僕はデザイン系の)やスキルなど幅広く触れられたこと
・自由な時間を持てたこと


行かなくてよかったんじゃない?って思うこと

・数百万円を奨学金で借りてまで行くべきだったのか
・就職先(正社員)が見つからなかったこと
・大学以外で勉強しなかったこと
・大学に行く目的を明確にしてなかったこと

 

そこで出会った人たちとの繋がりができたこと

大学でできた繋がりって最後の学生生活で知り合ってるのでかなり強いと思います。僕も今でも飲み行ったり誘いが来たりするので。専門的な先生と仲良くなっていると色々とアドバイスしてもらえるのでそれば武器だと思います。

 

専門知識(僕はデザイン系の)やスキルなど幅広く触れられたこと

デザインは元々興味があったので抵抗なく勉強できたと思います。そして幅広く学べたのでその中から自分の好きな分野を発見できたのは良かったです。

 

自由な時間を持てたこと

大学時代は大学に行く、バイトする、時々遊ぶみたいな感じだったんですけど、夏休みなんて2け月くらいあるのでかなり時間に余裕があったと思います。その時間をどう使うかは自分しだいだったんですがそういうのを教えてくれる人がいれば良かったなって思います。

 

 

数百万円を奨学金で借りてまで行くべきだったのか

多くの人が大学に行くにあたって奨学金からお金を借りると思います。借りるときは月に数万円だからと軽く受けるかもしれませんが卒業してこの数万円の重みを知ることになると思います。すぐに借りた分を回収できる収入を確保できるならいいですけど就職するときに年収300万円くらいの企業であればかなり重荷に感じると思うので要注意です。

 

就職先(正社員)が見つからなかったこと

多くの学生は就職先が見つかることでしょう。しかし僕は見つかりませんでした。仕方なく今は非正規社員として働いています。これが現実です。なのでいち早く大学でどこに就職したいのか起業するのか見つけるべきだと思います。

 

大学以外で勉強しなかったこと

大学生は勉強する時間がある。たまには今ではなくちょっと先の未来を想像して自分は何がしたいんだろう?って考えていろんなことにチャレンジするべきだと思います。そうするとおのずと自分のしたいことにぶち当たると思います。どういうことかというと僕でいうとアニメが好き→スラムダンクというアニメを見る→バスケしたい→バスケ部に入部という流れ。これと同じような感じであなたのしたこと見つけてみては如何でしょう?

 

大学に行く目的を明確にしてなかったこと

これが一番重要。なんとなくデザイン好きだからみたいな感じで大学へ行っていた気がします。毎日課題を出されそれを消化していく毎日で何しに大学へ通っているのかを明確にしていなかったです。日々車窓から見える景色のように通り過ぎていくのをただ眺めていた感じでした。目的がなければ見つける努力をしたほうがいいです。何となくではせっかくの授業料がもったいないです。世界一周できるくらいの金額を出すわけですから目的は明確にしたほうが学生生活が有意義になると思います。

 

 

まとめ

どうですか?少しは参考になりそうですか?僕の意見なのでこれが全てではないことは忘れないでください。実際に大学を卒業してみてビジネスとかも勉強してきた僕からのアドバイスでした。学生生活受け身にならずどんどん積極的になんでも取り組むことが大事でそこであなたにビビっときたことそれをさらに大事にしてくださいね。

広告を非表示にする